うつ病中は運転を回避【事故を起こしてしまう可能性も高めてしまう】

サイトメニュー

一人では車に乗らない

診察

他の方法を探す

うつ病を発症した時には治療費などがかかりますが、予想外の出費が必要になる可能性のことも考えておかないといけません。治療にかかる費用は診察代だけでなく検査費用や薬代が別でかかります。うつ病の治療は長期になることが多いので、少し先のことまで考えて治療費の計画を立てておきましょう。治療は保険が適用されるので、そこまで高額になることはありませんが、薬の種類が増えたり頻繁に受診が必要になったりすると予算よりも高くなることがあります。また病院を変更した時などは交通費が高くなることもあることを覚えておきましょう。自分に合った病院に通院することが、治療を成功させる秘訣でもあるので、できるならば多少遠くても自分と相性の良い病院にかかることをおすすめします。その時には運転ができる人は車での通院をすることもできますが、その際には内服している薬や病気の症状をみて運転を安全にできるかどうかを考えておきましょう。中には症状が強く運転をすると危険が大きいという状態の人もいます。この病気は急に気分が悪くなったりすることがあるので、発作的に症状がでる人も注意が必要です。それに加えて薬の副作用で眠気がでることも珍しくありません。安定剤などを同時に服用することもありますが、そういった薬にも眠気が強く出るものがあります。運転を長くしていて技術に自信がある人でも、うつ病の治療をしている時には注意が必要です。事故を起こしてしまうと、自分だけでなく他者に被害を与えてしまうことがあるので、できるだけ公共交通機関を使うことをおすすめします。うつ病になった時には内服治療が中心になりますが、同じ薬を長く飲み続けることもあれば、症状によって薬を変更することもあります。その都度診察をしてから、内服する薬の種類や量を決めるので数週間に一度は受診をする必要がでてきます。受診をする時に自分で車を運転しているという人は一人だけでなく、誰かに同乗してもらうといざという時に運転を変わってもらえます。急に気分が悪くなる恐れもありますし、眠気が強くなることもあるでしょう。また同乗者がいることで話しをすることができれば眠気なども起こりにくくなるというメリットもあるでしょう。運転は少しの気の緩みが大きな事故につながる危険のあるものです。うつ病は自分では起きている症状に気付きにくいこともあるので、いつもと同じように車に乗れると考えていても実際は危険が大きくなっている可能性もあります。通院する時に自分で車を使って行こうとしている人は必ず誰かに相談をして、運転をしても安全かどうかを見てもらうようにしましょう。もしくは安全のために公共交通機関を使うようにするという方法もあります。これは通院の時だけでなく、普段も十分に注意することを忘れないようにします。特に新しい薬に変わった時にはどのような症状がでるかわからないので、その日だけでも運転をしないようにしましょう。どうしても車を使わないと生活に困ると言う場合には、途中で何かあった時のために同乗者になってくれる人を探すようにします。公共交通機関も使えず同乗者のいない時にはタクシーを使うと言う方法もあります。

Copyright© 2018 うつ病中は運転を回避【事故を起こしてしまう可能性も高めてしまう】 All Rights Reserved.